盛岡大学・盛岡大学短期大学部

教育目標

  • 日本特有の言語・文学・文化を国際的視野に立って幅広く学ぶ
  • 話す・聞く・書く・読む能力を備える
  • 課題を見出し解決できる人材を育成する

学びのフロー

学びのフロー
カリキュラム一覧

授業紹介

  • 日本語研究Ⅱ

    主に東北の方言を材料にして、音韻・文法・語彙などの分野ごとに分析・考察。
    授業では、様々なデータや言語地図などを提示し、そこから何が読み取れるか考えます。方言研究の視点として「記述的研究」「社会的研究」「地理的研究」の3種があることも解説します。

  • 中古文学演習Ⅱ

    「枕草子」の堺本を読んでいきます。写本を比較することによって本文の違いを理解し、それぞれの本文の世界を捉えます。
    演習形式で、履修者は発表を通して「枕草子」研究の基礎知識を身につけ、その世界を味わいながら学びます。

  • 東北文学演習Ⅰ

    石川*啄木や宮沢賢治をはじめとする郷土の文学者の作品から、何が発見できて、そこからどのような解釈が導き出せるのか。
    本演習では、「東北文学概論」「東北文学研究Ⅰ」「東北文学研究Ⅱ」などの講義で構築してきた読みの基盤を活かし、「郷土文学」や「東北文学」に関する実践的な研究をしていきます。また「郷土文学」や「東北文学」に関わる実地調査として、*啄木や賢治の作品の舞台を訪ね、作品の世界にふれるフィールドワークも行います。
    *本来の表記はキバ付きの「啄」。

学科長メッセージ

日本文学科長 矢野 千載

日本文学科長矢野 千載

日本の言語・文学・文化を大学の文学部で学ぼう!

私たちは、日本語という美しい言語を共有しています。それは現代に生きている言葉であり、時代を超越して人々の心を伝える文学となり、様々な文化を育んできました。

古今の文学者たちは、その変化の中で一つ一つの言葉に思いを託し、それぞれ独自な表現形態を持つ作品を生み出してきたのです。上代から近現代までの多くの文学作品を読み、研究し、また岩手に根ざした郷土の文学者たちへの思いを馳せながら、皆さんとともに、これからの日本語・日本文学・日本文化について、学術的な展望を図りたいと考えています。

カリキュラムは、基礎から専門へと段階的にプログラムされています。入学後は各自の興味・関心や卒業後の希望進路に応じて、幅広い授業科目の中から履修できます。授業には講義・演習・ゼミ等の形式がありますが、可能な限り学生と教員の距離を感じさせないよう、対話のある教育方法を取り入れています。

このように本学科は、伝統的な国文学科を基盤とし、いまの時代にふさわしい日本文学科を目指しています。そして、郷土が生んだ宮沢賢治や石川啄木らの研究に取り組むことで、岩手の風土と人間とのかかわり、東北文学の特性を追求しています。ほかにも、中国文学・民俗学・書道など幅広い分野を設けていますので、本学科の専門領域の知識や情報を、社会で活かしたいという目的意識と意欲のある多くの皆さんをお待ちしています。

なお、本学科で取得できる免許・資格には、高等学校教諭一種免許状(国語・書道)、中学校教諭一種免許状(国語)、図書館司書、学芸員、日本語教員があります。