盛岡大学・盛岡大学短期大学部

教育目標

  • 幼児教育及び保育に関する専門的知識を授ける
  • 幼児教育及び保育の実践のために必要な技能を養う
  • 専門の職業に携わる人材を育成する

学びのフロー

50余年にわたる歴史

長い歴史と伝統の中で、数多くの卒業生が幼児教育・福祉の現場で活躍。

現場経験豊富な教員陣

幼児教育や医療、福祉施設などでの現場経験を有し、修士以上の学位を取得した教員陣の指導により、基礎・専門知識と、高い実践力を身につけます。

学びのフロー

授業紹介

  • 特別支援教育・保育

    子どもたちの抱えている障がいも様々です。講義では、それぞれの障がいが持つ特性を学び、具体的にどのような支援が必要かを考えます。
    教育の現場と家庭とが連携して子どもたちを支援できるよう、知識や技能、接し方などについて学びをとおして理解を深めていきます。

  • 応用造形Ⅰ

    既成概念にとらわれがちな大人と違い、子どもの表現はとても自由で、ときに大人が持っている常識や表現様式を乗り越えます。
    この授業では、幼児向けの教材作りや造形あそびをとおして、造形の本質を再確認しながら、豊かな感性を養っていきます。

  • 専門特別基礎演習

    自然の中で、思いっきり体験活動に取り組みます。野外での体験活動をとおして保育者として必要な感性を磨き、自然の持つ様々な可能性と向き合います。
    夏は登山やキャンプファイヤーなど、様々な自然体験活動に取り組みます。冬は思いっきり雪遊びをします。

  • 保育内容 表現

    子どもの発達を考慮した教育方法を習得し、楽しさを子どもにも伝えることを目的としています。
    幼児教育における表現や方法を理解し、様々な音楽を使った遊びや表現を習得していきます。
    学んだ成果は模擬授業や音楽劇を通して発表し、台本作りや小道具作りなど、グループで協力して行います。

学科長メッセージ

幼児教育科長 新沼 史和

幼児教育科長大塚 健樹

地域で活躍する保育のプロへ

今、子どもを取り巻く社会は、核家族の進展、共働き世帯の増加により、大きく変化しています。そのため、乳幼児の保育や幼児教育に携わる保育者の役割の重要性が増しています。保育者には、子どもたちの保育や教育に携わるだけでなく、保護者への助言、支援など、地域社会への貢献の必要性も増しています。

保育者を目指す皆さんは、子どもたちのことが大好きだと思います。この子どもが好きということが本学で学ぶ大きな原動力になります。本学は、社会でいま求められている保育者に近づくためのお手伝いをします。保育現場での実践力を養成するための教育体制を整え、皆さんの2年間の充実した学びを丁寧に支援していきます。

本学で学ぶ皆さんが、確かな基礎力と実践力を身につけ、保育・幼児教育のプロフェッショナルとして社会で活躍していただけるように、教職員一丸となってバックアップします。