盛岡大学・盛岡大学短期大学部

これは、文学部児童教育学科児童教育コースの「児童教育講座」「児童英語教育講座」という科目でのカリキュラムです。1~4年生の異学年グループで、それぞれのコンテストに向けて劇または模擬授業を作ります。コンテストは授業/劇を隔年で実施。異学年との交流ができるので、先輩は後輩への指導力が身に付き、後輩は先輩の取り組みを知ることで教職への理解を深められます。学年を越えた仲間意識が芽生え、同じ夢を持つ仲間同士で切磋琢磨し合うことができます。

その1

授業コンテスト

いかに学びがいのある授業を実践できるか。また、子どもたちの興味・関心を引き出せるか。
その授業内容・方法を競います。

  1. STEP1

    何の授業をするか、グループごとに決定。

  2. STEP2

    「何を学ばせるか」目標とプロセスを考え指導案を作成。

  3. STEP3

    代表の学生が教師役で、その他は生徒役。クラス予選を経て、本番へ。

現役小学校教諭がコンテストの審査員。評価やアドバイスを受け、次につなげます。

その2

テーマ劇コンテスト

学生が1年間かけて劇を創作。
劇を通して、いかに子どもたちの探求心や問題意識をうまく引き出すか。
小学生を対象とした、教材としての劇づくりの腕を競います。

  1. STEP1

    与えられたテーマに沿って、劇の内容をグループごとに考える。

  2. STEP2

    「その劇から何を学ばせるか」、目標とプロセスを考え脚本を作成。

  3. STEP3

    グループごとに発表。クラス予選を経て、本番へ。

現役小学校教諭や演劇関係者がコンテストの審査員。評価やアドバイスを受け、次につなげます。

子どもの学習意欲の低下が問題視されている現状... 子どもの興味・関心を引き出せる先生の存在が重要です! モリダイでは、そのような「実践的指導力」のある教員になるためのプログラムが充実しています。